戦略の失敗を戦術や戦闘で取り戻す事は不可能である

ブログ

さて、新ブログを立上げてからというもの、シコシコとブログを書き進める我々であるが、この度N.G.C.B.の今後の方向性を決定する会議が開かれた。

ただ『打合せをしたは良いけど今日の決定事項はどうやって共有・管理するんだ全員にメールするのも面倒くせえなマジ卍』といったメンバの意見を鑑みて、本来であればブログで公開する必要はないが、実験的に本ブログにて議事録の共有・管理を進めたいと思う(猛爆)

スポンサーリンク

戦略の失敗を戦術や戦闘で取り戻す事は不可能である

さて、今回議事録をここで共有するにあたって、我々メンバーは勿論、本エントリをご覧になられているN.G.C.B.フリークな方の為にも、備忘録の意味を込めて一つ注釈を設けたい。

そしてその注釈を入れたい内容こそが 本項の見出しでもある、この言葉である。

『戦略の失敗を戦術や戦闘で取り戻す事は不可能である』

これは旧日本軍の名参謀、堀栄三御大の金言であるが、後述する議事録の内容をより理解いただく為にも、先ずは『戦略』『戦術』『戦闘』について今一度整理せねばなるまい。

『戦略』『戦術』『戦闘』とは

そもそも、この現代社会において『戦略』『戦術』『戦闘』とはいささか物騒な表現ではあるが、今の社会に置き換えて言えば”目標達成の為の総論⇒各論へのドリルダウン”と考えて頂ければ分かり易いかと思う。 例えばこんな感じ。

戦略;何をするのか方向性決定
戦術;方向性を実現させる為の計画
戦闘;計画を遂行する実務

モチロン、本来は戦兵法に関連した慣用句?であるのだが、私は現代社会でも通用する金言だと思っている。

そしてその中でも特に興味深いのがコレだ。

戦闘の失敗は戦術で取り返せるが、戦術の失敗は戦闘では取り返せない。
戦術の失敗は戦略で取り返せるが、戦略の失敗は戦術では取り返せない。

これは、いくら飛びぬけた戦闘力にて部分的な戦闘を勝ち取ろうとも、洗練された戦術の前では攻略は困難であり、またその洗練された戦術ですら、高度な戦略の前では無力という事である。

つまり、最も念入りにプランニングするべきは戦略であり、適切な戦略なくして戦術・戦闘は効果的に機能しない、と言う事。

例えば、コレを我等の様なバンドの運営に置き換えれば下記の様になる。

【戦略】
どのようなターゲット層を狙うのか
どういったバンドキャラクター(イメージ)とするのか
どういったルートで売り込みをかけるのか

【戦術】
企画・ステージ構成のプランニング
魅力的な楽曲の作製
パフォーマンスを洗練させる為の練習計画

【戦闘】
ライブでのパフォーマンス
個人のテクニック

正直この辺りの内容を扱うセミナーにいけば、一回数万円の参加費を徴収されること請け合いである。

ただ、上記の内容に興味はあるけどそんなにお金は払いたくないぜ!という方に朗報である。 なんと、私で良ければ数多の文献やセミナーから知り得たペラペラな知識(爆)を以って、貴方のバンドのコンサルをラーメン4杯/月で手を打とうと思う(猛爆)是非問い合わせより連絡いただきたい。ww

ちなみに、、、
『但し、戦闘力が高くないと、戦術が機能しない、、、』という現実的なオチもあり、複雑にからみあった戦略・戦術・戦闘の奥深さには感銘するほかない。

N.B.C.B.の戦略プラン会議 議事録

さて、前項を予備知識として理解頂いたものとして、この度開催された第14回N.G.C.B.企画会議の議事録を下記する。

日時:’18,4.6 22:00~22:45
場所:ヒトズマンズCLUB
出席者:N.G.C.B.

今回の企画会議の趣旨は何を隠そう『戦略会議』である。
そう、前項にてご理解頂けたかと思うが、我等N.G.C.B.のキャラクターや今後の方向性を設定する最も大切なプランニングだ。

我々は半期に一度、こういった『戦略会議』を行っているが、今期の方向性は下記内容にて進める旨にて議決した。

①ブロガーバンドとしての再出発

よもや我等N.G.C.B.メンバは全員国内総生産に寄与し、多額の税金を納めるヤングエグゼクティブ集団としてお馴染である。

それ故、ライブのお誘いを頂いても、 『ソーリー、ジョブメーン!(訳:まことに申し上げ難いのですが、生憎その日は仕事の都合が付きませんでして、お誘いはお断りせざるを得ません大変申し訳ありませんまじ卍)』を合言葉に、昨年度は何度断腸の思いでお断りしたのか数えきれない。

それもあって必然的に年間のライブ回数も少なくなってくるわけであるが、『単発ライブでは次につながらないぜメーン!』という伝説的なパンチラインを生み出した 某メンバの提案もあり、皆に忘れ去られぬ為にも年間ブログ更新回数200回を目標に、ライブはせずともブログは更新するという、初期のアイデンティティを再度復活させる旨にて議決した。(猛爆)

とはいうモノの、最近はパウエルショックの影響もあって幾分フットワークに余裕が出てきているので、今年度はライブ回数をこなしたいぜまじ卍。

②貧すれば鈍する、我ら資本主義の豚バンド!

はじめに断っておくが『世の中はお金が全て』だと云うつもりは毛頭ない。

もっというと、『ふと見上げた月をみて アイツと繋がっている気がした(爆)』だの、『何処かで頑張っているアイツの為にもココで諦めるワケにはいかない(猛爆)』だなんてポエティックバンドマンの常套句を言うつもりもさらさら無い。

しかし、割と『貧すれば鈍する』という格言は信じている。

過去のエントリでも触れた事があるかもしれないが、N.G.C.B.の各メンバはいずれも世帯持ちであり守るべき家族がある。それ故、家族に経済的な負荷を強いてまでバンド活動に傾倒できないという保身っぷりは隠せない。

しかし、その状況を逆説的に考えると、経済的な余裕があるからこそバンド活動が可能であり、また家庭や家族があるからこそN.G.C.B. は ”資本主義の豚”となるべきではないのか、と伝説的なパンチラインを生み出した 某メンバの提案より 今年度は積極的に財テクを行う事で議決した。

具体的には比較的底値で推移している暗号通過集めや、東京五輪を睨んだ不動産投資など、小口ながら無い袖をブンブン振り回す運営を目指す予定だ。(知らんけど)

古くは、渋谷系、V系、ロキノン系、原宿系と系譜した○○系というジャンルに風穴を空けるべく、我等N.G.C.B.は意識高い系バンド(爆)として暗躍したい。

ただ、『守るべき家族』を『護るべき家族』と書かなかった事は、意識高い系バンドとしてまだまだ修行が足りないと猛省している。

③目指すは超肉体派筋肉バンド

よもや①②の内容にて世に蔓延るバンドとは差別化できた独自路線を進んでいる感は否めないパインアップル。

しかし万が一この独自路線が市場にミートせず①や②の企画がコケた場合を考え、リスクヘッジの為にも(若しくは、①のブロガーバンド路線と抱合せたシナジー効果を得る為にも)、3本目の矢として議決したのがこの超肉体派筋肉バンド路線だモカ!

過去に筆を執った通り、我等N.G.C.B.は毎週100キロのランに励み、シーズンにはハーフマラソンにエントリーし100分切りを目指す超健康志向バンド。
更には人口の5%しか上げる事のできないと言われる100kgのベンチプレスを持ち上げるワガママボディバンド(猛爆)なのはストロベリークリームフレーバーだ!

昨年度の実績として、ハーフマラソンの100分切りこそ逃したが、今年度こそはトリプルスリーならぬ、トリプルハンドレットを目指し是非スティッキー・トフィー・プディングしたい。


やはり戦略を戦術レベルに落とし込む事は重要である。
健康志向バンドから脱却し、超肉体派バンドを目指す為にも早速プロテインを英国よりナチュラルチョコレートフレーバー(直輸入)した。

ちなみに、チョイチョイ不自然に登場するカタカナは私が長年かけてトライ&エラーを繰り返しながら厳選したマイプロテイン社が販売するプロテインのオススメフレーバーであるww(猛爆)

この5つのフレーバーはマイプロテインペンタゴンと呼ばれ、筋トレ界では知らぬはモグリの扱いを受ける恐れがあるのでトレーニー各位は上記オススメフレーバーを5回は音読する事をおススメする。

マイプロテインはここから。

Myprotein Japan
お気に入りの商品をゲット。英国発スポーツブランドのマイプロテインで30%割引で購入可能です。スポーツサプリメント、ジムやトレーニング用のウェアなどお気に入りを見つけよう。

ちなみに、マイプロテイン社でプロテインを購入する場合、上記のリンクを経由するか、招待コード『9GAS-R1』を入力することにて33%の割引特典が使用可能となるので是非活用頂きたい。
これにより成約時に私にもポイントが貰えるというWin-Winな関係は、正に”資本主義の豚”の基本である(猛爆)

まとめ・あとがき

さて、ここまでが今回の企画会議にて議決した内容となるが、要約すると今年度の我らN.G.C.B.の運営方針がコレだ。

①ブログを更新する
②財テクで稼ぐ
③筋トレをする

ここまでくると最早バンドではなく、アラサーの意識高い系オッサンの個人目標ではあるまいか。(爆) そして、今一度思い出して欲しい金言がこれだ。

『戦略の失敗を、戦術や戦闘で取り戻す事は不可能である』

よもや、この時点で戦略に大きな失敗が隠されているきらいは隠しきれない(猛爆)

 

コメント